2015年10月1日(木)
大混乱の予感
中野公認会計士通信 vol.59 2015年10月号

  こんにちは。公認会計士・税理士の中野利孝です。
  いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
 

<大混乱の予感>
今月からマイナンバー制度が動き出します。住民票の住所に紙の通知カードが送ってくるらしいのですが、この制度はかなり手間がかかる制度です。企業は、従業員の番号を取得し、管理することが義務づけられます。これは企業規模の大小にかかわらず、アルバイトやパートといった非正規従業員に対しても、本人確認を行って番号を取得しなければなりません。そして、退職した人の分は番号を破棄しなければなりません。企業はセキュリティ対策を整え、従業員に対しても教育を行わなければなりません。しかし、中には考えが甘く、十分な準備を行わない企業もあるでしょう。大混乱の予感がします。少し様子を見てマイナンバー情報を取集しようかなと考えています。

<10月の実務>
・社会保険料の改訂(10月納付分から)

<今月の経営のヒント> 
 経営管理者の育成とは、自己開発である(ドラッカー)。
  
ここでクリア