2014年4月1日(火)
ビジネス上のリスクと企業体質について
中野公認会計士通信 vol.41 2014年4月号

  こんにちは。公認会計士・税理士の中野利孝です。
  いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
 

<ビジネス上のリスクと企業体質について>
ビジネスにおいては、取引を維持拡大することが最も重要です。しかし、取引によって生じるリスクを一定限度以下に抑えていくことも同様に重要です。取引が拡大することはいいことですが、恒常的に売上代金を回収できない取引先が出現するような企業は何かしらの問題を抱えていると考えられます。
そのような企業は、取引先との取引を中止すると、未回収債権を回収できなくなることや、現状の売上を確保できなくなるため、やむをえず取引を継続しています。お客様の層がよくないことが問題の根本原因なのでしょう。
良いお客様と付き合いができるような企業体質がビジネス上のリスクを軽減します。このような企業体質にするための地道な努力が重要なのですね。

<4月の実務>
・健康保険料の改訂(3月分給与、4月納付分より)

<今月の経営のヒント> 
ヒトマネでない事業を求め続けるのが、私の経営の信念である。本当に人々の生活に必要なものなら必ず事業化できると信じている(岩谷直治)。
ここでクリア