2011年2月2日(水)
支払いの優先順位は!
中野公認会計士通信 vol.3 2011年2月号 

 こんにちは。公認会計士・税理士の中野利孝です。
 いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
 確定申告シーズン突入です。先日、税務署のお手伝いに行ってきました。1日の中で、譲渡所得の相談、準確定、非居住者、更正の請求、事業所得、不動産所得、消費税、省エネ住宅の住宅取得控除・・・、様々なパターンの納税者に対応させていただき勉強になりました。

<すべての債権者に支払いができなくなった場合、支払いの優先順位はどうすればいいのか?>

 約束どおり、支払いができなくなった場合、どうすればよいのか。辛いですよねお金がないのは。残されているお金は限られているわけですから、支払うお金の優先順位を決めなければなりません。

 以下の優先順位でお金を支払い、資金繰りを乗り切るべきです。

 まず、手形が不渡りになれば、倒産してしまいますので、第1に手形の支払を優先にしなければなりません。
 次に、従業員の給料です。従業員に給料を支払えなければ、ほとんどの従業員は退職してしまうでしょう。従業員が退職してしまえば、個人営業はできるかもしれませんが、企業として存続することは事実上不可能となります。
 その次に、 買掛金、下請代金です。材料の仕入れが出来ない、下請先に代金を支払えないと、結局は商品を作れない、売れないと言うことにつながり、倒産してしまいます。また、買掛金の金額にもよりますが、当該企業のみならず、下請企業や仕入れ先企業に請負代金や買掛金を支払わないと、下請企業や仕入れ先企業も連鎖倒産してしまいます。
  最後になりますが、金融機関への支払いです。その中でも金融機関にとって金利=売上ですから、金融機関に対しては、元金よりも利息の返済を優先するべきです。
 間違っても、消費者金融・商工ローンからお金を借りて資金繰りをつけることはおすすめできません。一時的に資金繰りがついても、数ヶ月後には資金繰りがつかなくなることが多いからです。
 
 <2月の実務>
1.所得税の確定申告 2月16日から3月15日まで
2.贈与税の申告   2月1日から3月15日まで

 *贈与税の特例を適用した人へ

   特例適用後に税金がない場合でも、申告が要件の特例が多いので要注意!

<今月の経営のヒント> 
  人生のおいて最も絶えがたいことは悪天候が続くことではなく、 雲一つ無い晴天が続くことで ある。.
   (カール・ヒルティ)
ここでクリア